大根の葉には根とは違う栄養素がたっぷり

大根は白い根っこだけでも食べごたえも栄養も十分ですが、葉には根とは違う栄養素がたっぷり、丸ごと食べきることで、多様な栄養をいただくことができるのです。

大根一本なんて使い切れないよという声も聞きますが、大根は常温でも長持ちしますし、天日干しにして切干しにすると、生でいただくのとは違う栄養素がプラスされます。葉の部分も冷凍しておけば、手軽にお味噌汁やスープの具や菜飯ができ、野菜が高騰したときには家計の強い味方になってくれます。

根の部分の栄養と効果

大根には食物繊維がたっぷり、便秘にも効果を発揮してくれます。女性の味方のような食材ですね。
他にも、おもに、次のような栄養や効果があります。

○ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けたり、シワの予防やハリを与えるなど、美肌には欠かせません。また風邪予防にも効果があります。ビタミンCは大根の皮の部分に多く含まれているそうなので、よく洗って、皮まで丸ごと食べきりたいですね。

○酵素

アミラーゼやジアスターゼなどの消化を助ける酵素、殺菌作用や食欲増進効果のあるソチオシアナートなどの酵素が含まれます。酵素は熱に弱いので、大根おろしにして余すところなく体に取り込みましょう。

○カリウム

体内の余分なナトリウムを体外に排出させるカリウムは、むくみの防止にも有効です。

葉の部分の栄養と効果

もし見かけたら、ぜひ葉つきの大根をゲットしましょう。葉を活用したレシピでは大根菜飯や大根葉ふりかけが定番です。それに飽きたらポタージュスープやクラッカーにすると、お子さんにも喜ばれます。余ったら刻んで冷凍しておきましょう。

○βカロテン

大根の葉は「緑黄色野菜」、βカロテンはもちろん、ビタミン群やミネラルが豊富です。大根一本食べきりで、栄養価は二倍にも三倍にも広がるのです。

○鉄分

根にも含まれますが、葉の鉄分はほうれん草の約1.5倍と言われています。

○カルシウム

小松菜にも匹敵するほどのカルシウムが大根の葉には含まれます。

干すと栄養価がアップ

食べきれずに余った根の部分を千切りにして、よく晴れた日にざるなどに広げて4日ほどしっかり干すと、自家製切干し大根のできあがりです。切干し大根のカルシウムは、生で食べる時の約10倍、鉄分は約30倍になるそうです。余らせて捨てるくらいなら、作らない手はないですね。自家製切干しがあれば煮物はもちろん、お味噌汁やスープ、炊き込みご飯の具にも最適、お手軽に滋味あふれる食事が楽しめます。

葉つき大根を買うと、食べごたえも栄養も倍増です。そのままにしておくと葉が根の栄養を吸収してしまうので、買ったらすぐに葉を根から切り離しておきましょう。

SNSでもご購読できます。