緑茶を飲んで健康になれる、医学的にも証明されている

毎日のように緑茶を飲んでいますか。

日本人が何気なく飲んでいるお茶ですが、昔から健康効果が高いと言われてきました。それは医学的にも科学的にも証明されていることです。お茶の成分が体の酸化を食い止めて、健康なほうに導いてくれるのです。カテキンやβカロテンは抗酸化作用がとても強く、病気に勝てる物質です。ビタミンEが免疫機能を改善してくれます。クロロフィルは腸内環境の改善に良い効果をもたらします。

緑茶によってコレステロールがとても下がります。抗酸化作用と免疫機能を高めることは、病気になりにくい体になることを意味します。ガンを治すという意味でも効果が強いです。腸内環境の改善によって便秘が治ったりお肌の状態が良くなったりと良いことづく目です。お茶1杯あたりのお値段はとても安くて経済的なのに、こんなに優れた効果があるのです。人間はいつのまにか糖尿病、生活習慣病や、ガンになってしまいますが、緑茶を飲み続けて改善していくとしたら、毎日飲んでみたいですね。

お茶をよく飲む街ではガン発生率が低いという事実

お茶の生産地といえば静岡県の掛川市、浜松市をはじめとして、全国にあります。日本のガン発生率が低い都市の上位には、こうしたお茶の生産地の都市が並んでいるのは、調査で現れてきた事実です。

緑茶をよく飲む街であるほどガン発生率が低いことは、お茶が何らかの理由でガン発生を抑えていることが確実視できる理由になっています。それはカテキン、クロロフィル、ビタミンEなどの栄養素に寄るものでしょう。緑茶を飲んでいるだけでガンになりにくい体を作れるということですから、毎日の習慣として損はありません。

お茶の中でもおすすめなのが深蒸し茶

緑茶を飲むならなんでも良いというわけではありません。たとえばペットボトルの冷たいお茶ばかりを飲んでいたら、体にとっては良くない影響も出てきます。冷え性、腸内環境の悪化、血管や体の硬化などです。緑茶は熱いお茶を飲むことを心がけてこそ、体を改善してゆけます。お茶の中でも深蒸し茶は、健康効果が極めて高いと注目をされています。深蒸し茶とは、掛川市の地方でもっとも飲まれているお茶の種類です。

深蒸し茶は他の緑茶よりもβカロテン、ビタミンEがとても豊富であり、カテキンの量も多くなっているのが特徴的です。したがって他の緑茶よりもずっと健康効果を得られるお茶として、いちばん注目を集めています。お茶を飲むとしたら深蒸し茶を是非試してみたいですね。

SNSでもご購読できます。