「計るだけダイエット」って、ご存知ですか?
その名の通り、体重を計るだけのダイエット法です。

と言っても、もちろんそれだけで体重が減るわけではありません。
そんな夢のようなダイエットがあったら、世の女性たちは苦労しませんよね。

「計るだけダイエット」は、体重を管理することによって、生活習慣の改善を目的とするダイエット法なのです。
太るには原因があります。

たとえ、一次的なダイエットで減量に成功したとしても、もとの生活習慣に戻ってしまえば、その努力も水の泡、リバウンドは必至です。

そんな減量後のリバウンド率が低いのも「計るだけダイエット」の特徴なのです。
その方法は、至って簡単です。

毎日決まった状況で、体重を計ることです。

基本的には朝晩の1日2回、できるだけ同じ時間や服装で計ると、正確な体重が測定できます。
計った体重は折れ線グラフで記録し、それを目のつきやすい場所に貼っておきます。

折れ線グラフは体重の推移がわかりやすいですし、減っていくとダイエットへのモチベーションも上がります。
目の付きやすいとこに貼ることで、常に自分の体重を意識することができるのです。
そしてたくさん「言い訳」をして下さい。

ダイエット中と言えども、体重が減る時もあれば、増える時もあります。
増えた時の原因に思い当たることを、たくさん書き出すのです。

昨日ケーキを食べた、外食で食べ過ぎた、間食したなど、なんでもいいです。
それをグラフの下に記入しておくのです。

すると、そのうちどうしたら体重が増えやすくなるのか、がわかってきます。
言い訳は悪ではありません。
言い訳は分析に繋がるのです。

そしてその言い訳が多ければ多いほど、分析力もアップするのです。
反対に、痩せた時も書き出して下さい。

昨日はたくさん歩いた、散歩した、運動した、ヨガをした、サウナに入った、などです。
そうしているうちに、自分に合った体重の減らし方が見えてきます。
ダイエットに大切なのは、挫折しない持続力です。

やる気で始めたのに長続きしない大きな原因は、結果を早く求めすぎるからです。
痩せることを急ぐあまり、自分で思っている以上のストレスをかけているです。
精神的にきついことは、ダイエットでなくても続けることが難しいですよね。

ましてや、食欲という欲求を抑えることは、人間にとっては思いのほか大変なことなのです。
無理なダイエットで体調を崩しては、元も子もありませんからね。
まずは、できることから取り組んでいくことも、挫折しないひとつの方法です。

たとえダイエット中でも、痩せる時もあれば反対に太ってしまう時、平行線な時もあります。
特に女性の場合は、生理の前後によってその差は大きいですから、焦りは禁物です。
女性の方におすすめなのは、グラフに生理日も記入することです。
すると生理前後の体重変化もわかってきますし、健康管理の一環にもなります。

「計るだけダイエット」は体に負担をかけることなく、減量することが可能です。
体重の増減の理由を記入しているうちに、食生活や生活習慣を見直すことができるからです。
昨日たくさん食べたからやっぱり増えているな、だから今日は控えようと、ダイエットしている意識ではなく、自然にそういった思考力を身に付けることが出来るのです。

体重が安定していれば、お菓子も食べて結構、そしてまた増えたらすぐに調整してあげればいいのです。
そうしてストレスをためないよう、時には自分を甘やかしてあげることも必要なのです。
締め付けばかりでは、疲れてしまいますからね。

しかし「計るだけダイエット」の効果の評価は、はっきりと二つに分かれます。
その理由は、このダイエット法はそれだけで痩せることは出来ないからです。
あくまでも、自分の食生活や生活習慣を見直すきっかけでしかないとも言えます。
ですから、その人の性格によってその効果も分かれるのです。

自分がつけているデータから、太る原因を分析し、それをコントロールできる力が必要です。
もちろん、はじめから上手くはいかないと、長期戦を覚悟で取り組み、徐々にコントロールできる力を身に付けていく人もいます。

しかし、結果を早く求めてしまったり、毎日体重計に乗り、それを記入することが面倒に感じてしまう人もいるのです。
ダイエット成功のカギは、そのダイエット法が性格に合っているのがどうか、ダイエットとの相性もとても大切になってきますね。

太ってしまった人の原因として「長期間体重計に乗っていなかった」という人はとても多いです。
「計るだけ」でも、意識は大きく違ってきます。

まずは、体重計に乗ることからはじめてみませんか?